上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
鉄道ばかりじゃなくてたまにはこれも・・・
ってことで今回は林道レポートとさせていただきます。


今回は和歌山県公門谷林道です。場所はあえて伏せさせていただきます。ちと危険ですので・・
DSC00036_convert_20100901213940.jpg
一発目からちょっとビビらせてくれます。(><)最近近所の山で遭遇例が報告されています。
ちなみに訪れたのは数年前(ちと古い)この時は私と弟の二人でCRーVで行ってきました。


最初はちょっとしたダート道
DSC00035_convert_20100901214035.jpg
まだ普通車でも十分走れます。


でも・・・・・
DSC00037_convert_20100901214109.jpg
すぐこうなります。
割石がゴロゴロ・・・気をつけないとタイヤの側面が裂かれます。
私が免許を取って最初にタイヤをパンクさせたのがこの道でした。(泣


景色はいいんですよ。
DSC00039_convert_20100901214208.jpg
山ばかりですけど・・・・ちなみに携帯は勿論圏外です。


川も綺麗です。
DSC00038_convert_20100901214238.jpg
一番近い人家まで車で30分
車が動かなくなって歩く羽目になったら・・(- -;)


DSC00040_convert_20100901214310.jpg
当時は通行止めでした。
時期によっては通れる時もあります。終点までは車で20分程かかります。標高は800ぐらいまで上がるかな・・・
左側も林道ですが少し行くと道がなくなります。


DSC00041_convert_20100901214342.jpg
ガッチリ鍵がかかっています。
人は柵の脇から通れますが車は通れません。


DSC00042_convert_20100901214410.jpg
いや・・・・通る気が失せました。

今回はここまででしたが柵が空いている時は終点まで行って画像をUPしたいと思います。
ただ熊に遭遇しないよう気をつけよ・・・
スポンサーサイト
2010.09.01 / Top↑
林道が主なので酷道と分類するのはちょっとおかしいのですが・・・まあ細かく分けるとややこしいのでこれにしときます。酷道(国道)も今後取りあげるので・・・

さて酷道(こくどう)とは一般国道のうち乗用車による通行が困難であるなど「国道」と呼ぶにはふさわしくない、文字通り「酷(ひど)い状態の国道」を揶揄した日本語の用語(俗語)である。(ウィキペディアから引用)


実家が紀伊半島の中なので近くに林道が沢山と・・・朝飯前にちょこっとってな事も可能です。
車がCR-Ⅴの時は色々と行ったのですがストリームに乗り換えてからは、嫁に「行くな!」と言われて全然行っていません。
でも弟の車がジムニーなので帰省した時は今も一緒に行っています。(何しろ弟はそのために車を選んだくらいですから。)
渓流釣りも趣味の一つなので偵察がてらに行ったりもすると・・


DSC00029_convert_20100530102933.jpg
(画像をクリックするとポップアップします。)
こんな道を走ったり・・・

DSC00016_convert_20100530103621.jpg
(画像をクリックするとポップアップします。)
こんな手彫りトンネルをくぐったり・・・

DSC00025_convert_20100530104025.jpg
(画像をクリックするとポップアップします。)
こんな景色が見えたり・・(って山と谷ばっか・・)
ついでに渓流釣りのポイント探したり・・


しかしまあ車はこうなります。
DSC00033_convert_20100530103441.jpg
これはまだマシなほう・・・屋根まで泥被ったり・・・パンクしたり・・(これはドライバーの腕の未熟が原因・・)
ちなみにこのCR-V、酷使がたたってその後廃車となりました。(泣)
2010.05.30 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。