上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ここんとこ最近、近所の鉄道模型店に入り浸っています。

近所と言っても和歌山市に最近出来たイオンモールの中にあるポポンデッタ。
車で45分位で行けるので中古品や部品やらを購入するには日本橋に行くより便利になったと。

嫁が買い物に行っている隙にちょろちょろしています。


今日は有給で嫁がイオンに行くという事で娘(実の子は学校)を持って、早速走行。

KIMG0435.jpg

スーパーこまち


KIMG0437.jpg

つばめと走らせて来ました。

平日なんで走行している客は私も含めて二人。
もう一人の客は老紳士というような感じで、短い時間でしたが模型談義で盛り上がりました。



しかしまあ・・・・・・ここって。

他の客の見世物だな(苦笑)

店の前を通る客って皆立ち止まっているよ・・・・
親子は勿論、老夫婦や若いカップルまで・・・・・そんなに珍しいモノかね?


まるで檻の中のクマ(私の場合は・・・・?)のような気分。


それにしても新幹線ってやはり人気がありますね。
子供どころか大人も新幹線にかぶりつき。

前回はD51重連運炭列車にEF200石油輸送列車でしたが(まあ一般の人は興味無いか)その時もじろじろと見ていましたがm反応は全然違いますね。


ちなみにここで走らせるのは平日の午前中だけ!
とてもじゃないけど休日なんか
猛獣の中にウサギを放り込むような真似はできません!!

ってな事です。



本日の成果
KIMG0438.jpg

カトのDD13 100番代

先月から気になっていたけど師匠から「買っといた方が良い!」と諭されまして買いました。
B判定でしたけどボディーも綺麗で走行もスローが効くんですよね。
こりゃあアタリかな(^_^)/
スポンサーサイト
2014.05.12 / Top↑
久しぶり(?)に鉄道模型を購入しました。

CIMG0101.jpg

私の生態をご存じの方々なら期待通りの行動かと思います。

まずはさよならDD51紀勢貨物列車セット

まあ当然ですわな(笑)



CIMG0102.jpg

コキの車番どころかコンテナまで番号が再現されているというこの気合いの入れよう!!

トミックスのこの姿勢はダ・イ・ス・キ・!!!


最終列車は撮影しておりませんが直前に撮影したので思い出が蘇ります。

DSC00200_convert_20130210093114.jpg

その時の大騒ぎネタはこちら→「紀勢貨物を撮りに行ってきました」

あの時は色々な方々に助けてもらって撮影できました。
感謝です。
(なんか泣けてきたな・・・・)



さて次は急行きのくに(&南海も!)

CIMG0103.jpg

カトのキハ58でも持っていたけど南海も登場したので購入。

でも記憶があいまいなんですよね。きのくにって・・・・・・・
はっきりと覚えておりまへん。
こんな列車が新宮駅に居たよなあってぼんやりと覚えている程度。

でも買いました。


さてまたカトのDD51をまた予約。
ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ



ところで先週に息子と交通科学博物館に行ってきました。

CIMG0013_convert_20140301141000.jpg

えらい人ですわ。

目的は食堂車で最後の食事だったので開場と共に食堂車へ。

CIMG0005_convert_20140301141053.jpg

10時30分のオープンのグループに入れましたが少し遅かったら1時間以上待たされただろうなあ・・・・

食事を終える時にはかなりの長蛇の列。


その後は息子と人出の少ない所を選んでブラブラ。
CIMG0080_convert_20140301141201.jpg
にしても凄い人出。結局模型の走行ショーは見えなかった・・・・・

息子と最後の思いでを作ってきました。
2014.03.01 / Top↑
さて今日は嫁と子供を放り出しバス祭りに行ってきました。

別にバスは興味が無いのですがあるものを購入するのが目的でして。


それは・・・・・・

奈良交通の八木新宮特急バス!!!

近鉄八木駅から新宮駅までの紀伊半島を縦断するバスで有名。
ちまたじゃあかなり有名らしい。(元地元民としては全然実感が無かったけど)

私としては絶対外せないモノ
高校時代に通学に利用していた思い出深い(そして高校時代の黒歴史を思い出す)バスです。

CIMG0112.jpg

当初はこのバスの先代を利用していましたが途中からこのバスに。

先代は車掌が乗っていて車掌席があって、バスに乗ると車掌が目的地までの乗車券を発行してくれるものでした。
その乗車券というのが薄い茶色の乗車券で持っているとすぐに皺くちゃに・・・・・
このバスになってからはワンマンになったので整理券での扱いとなりました。

ちなみに急行があってなぜか五条から各停となる代物
高校生の頃、特急バスに乗っていた時に車掌に特急が止まらないバス停(それも本当に降りるバス停の手前)で降りるとを面白半分で行ったところ、
本当にそのバス停に止まったっけ!!

まさか止まると思っていなかったから座席に座っていると車掌と運転手に
「さっさと降りんかい!!」
って怒られたなあ・・・・・
結局謝って許してもらったっけ(笑)

この新型に代わってワンマンになっても運転手は親父のような存在で
テスト前に寄り道しようとすると「家に帰って勉強せい!!」と怒られたりとか・・・・

就職してから帰省に何度か利用しましたが寝ていても降りるバス停に着いたら起こしてくれたりと
とまあ色々と思い出のあるバスです。

CIMG0113.jpg


今でも帰省した時にこのバスに合うと懐かしいんですよね。

CIMG0114.jpg


さて今日のバス祭り。
凄い人でした\(◎o◎)/!
まるでコミケかと・・・・・
開場2時間前から並ぶなんてホント・・・・コミケ以来・・・・


開場と共に急いで奈良交通のブースで購入しましたが、

ある人は5個・・・・またある人は10個・・・・・
どんだけ買うの\(◎o◎)/!

おそるべし・・・・この人気・・・

多分一時間もしないうちに完売したんじゃないかな・・・・・


隣の十津川村のブースで友人がいたのですが、かなり驚いていました。
そりゃあ地元からしたら身近な存在がこれほど人気があるとは思わないでしょ。

CIMG0115.jpg

今度は熊野交通を出してくれんかなあ・・・・
その時も・・・・・・・この騒ぎの中戦わないといけないか・・・・・
2013.09.23 / Top↑
今日は休みでした。
別にこのために休んだためではありません。



さて自作クリーニングカー。
試作機の走行試験を繰り返したところ問題点がいくつか見つかりました。


1.固定具が低すぎるため線路の段差で引っかかり脱線転覆してしまう。

2.スポンジの角がポイントに引っかかり同じく脱線転覆してしまう。

という訳で試作機を改良しました。


CIMG0067_20130204171524.jpg

フレームの高さを5ミリ上げました。



スポンジの形状を変更して板状スポンジを折り曲げて取り付けるようにしました。

これで角が無くなったと。



これが初期量産型。

試作機が901号機とすると初期量産型1号機の完成。

CIMG0068_20130204171526.jpg

2号機も完成。

これでパッド4個でクリーニング作業ができます。パッドの組み合わせが増えました。


しかし機関車が単機では不安があるので重連に。

CIMG0069.jpg

やっぱり重連はDD51でしょ!


レイアウトを10周に各待避線を通過しました。

走行は問題無く、ポイントについては徐行すると問題なし。

クリーニングカーのパッドはレールに押し付けられているのでレールを磨いているように見えました。

CIMG0070_20130204171532.jpg

さてパッドの汚れ具合ですが、右下が先頭で順番に右上、左下、左上が一番後ろになります。

先頭3個のパッドにクリーニング液を浸しているので判り難いですが先頭ほど微かに汚れていました。

最後のパッドはレールの汚れ具合を確認するため薬液を浸していません。

結果はほとんど汚れていませんでした。

結果オーライ?



しかしパッドのスポンジは使用を繰り返すとレールが当たっている部分が凹んでいくので、裏返して使用するか交

換が必要となります。


一応これで完成かなっと。

あとはパッドのスポンジの形状や材質の研究が必要です。

それと走行試験。

我が家は単調な小判型レイアウトなんで複雑なカーブや勾配がありませんのでどこで試験をするか・・・・・・

とりあえず仕事帰りに亀屋でも行こうかな?
2013.02.04 / Top↑
この前の鉄道模型の走行会で1時間おきにレールのメンテナンスが必要だなっと懇親会で話題になりました。

でもまあ手作業では結構手間がかかるんだよね・・・・・(-_-;)

しかしトミックスのクリーニングカーは埃の吸い取りはいいけどレールを磨くのはイマイチ。



って事で不器用ながら試作してみました。

これ↓
CIMG0067.jpg

方法としては固定したスポンジ(激落ち君)をレールに擦りつけて汚れを取るだけ。




構造はスポンジを付けた固定具とフレームの間にスプリングを付けてレールに押し付けるという物なんですが、

ちと工夫しました。
CIMG0072_20130203200437.jpg

スポンジ等を固定しやすいように固定具には爪が付いています。

それには電気配線のカバーを使用しました。




固定具とフレームの接続にはビスを各2本を使用。このビスは上下に可動します。

ビスはM3×20ミリを使用。

ビスを使用した訳は長さを調整することで、スポンジの大きさや形に対応したり紙やすり等のパッドにも調整でき

るようにしました。

他にレールに押し付ける力の調整にも対応しています。

CIMG0073_20130203200516.jpg




長さを調整する際にはナットを回して微調整します。ナットを回すことでビスの可動域を調整します。

CIMG0074_20130203200518.jpg

2本あるので左右で長さを調整することもできます。

またパッドが二つあることで両方湿式にしたり、湿式・乾式(紙やすりバージョン)と変える事もできます。



レールに押し付ける力は固定具とフレームの間のビスに取り付けたスプリングとスポンジの反発力を使用していま

す。スプリングを交換する事により力の調整もできます。

またスプリングはレールの起伏にも対応できるように考えました。




さて試運転。

CIMG0070.jpg

ちなみに両側の石ころみたいなのは重りです。


走行は問題ありませんでした。

CIMG0068.jpg

パッドもきちんとレールに当たっています。



さて汚れは・・・・・・・

CIMG0071_20130203200435.jpg

そういやあ・・・・・この前レールを磨いたばかりだっけ・・・・\(◎o◎)/!


しかしスポンジを見るとレールの部分は凹んでいました。(これって成功か?)



これからはスポンジの最適な大きさを調べてみたり、機関車の牽引力とスプリング圧との調整とかと調べることば

かり・・・・

あとは見た目かな?



ちなみに材料は

・5ミリ厚のプラバン。

・M3×20ミリのビス4本、ナット4個、ワッシャー8個。

・外径4ミリの押しバネ1本(切って4本作りました)。

・電気配線用のカバー。

これらは近所のホームセンターで手に入りました。

重りは釣り具屋で6号のオモリを買って整形しました。

これにトミックスのチキ7000が1輌。

チキを別にして材料代は1輌あたり250円ぐらいです。まだ材料は余っているので作れますが。



あ・・・・・忘れてました。

激落ち君です。

嫁に頼み込んで分けてもらいました。

この値段はプライスです。
2013.02.03 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。